So-net無料ブログ作成
第4子:ぼんちゃん。 ブログトップ

ご報告。 [第4子:ぼんちゃん。]

ご心配をおかけしたぼんの出産のご報告です。

1月4日、おかげさまで無事ぼんを出産することができました。

侑和のことがあったので当初から帝王切開の予定で手術日前日に入院しました。
入院してすぐにつけたNSTでぼんの心拍が確認できなくなり、そのまま緊急手術となりました。
へその緒をたすき掛けにしていました。
上の子たちが弟の命を助けてくれました。

心配していた心臓も今のところ問題なさそうで、毎日元気に泣き、元気に飲み、元気に眠っています。
念願の育児、慣れずに戸惑うことばかりですが大変だと思うことはありません。
侑和たちとはしたくてもできなかったことだから、困らせられることもそのすべてが喜びです。

最後まで泣きっぱなしの妊娠生活でしたが、今もやっぱり泣きっぱなしの毎日です。

ぼんを見る度、涙が溢れます。
無事に生まれてきてくれてありがとう、と。
ぼんの、侑和そっくりな寝顔を見る度、涙がこぼれます。
侑和への会いたさは募るばかりです。

初めての育児は戸惑うことばかりでなかなかパソコンに向かう時間が取れず、ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。
もっとじっくり噛み締めたいのに、あっという間に過ぎ去った1か月でした。
多くのことを同時にできるような器用な人間ではないので、ブログはこれで最後にしようと思います。
これからは日々成長する我が子とじっくり向き合って生きたいと思います。

途中で止めようと思ったことも何度もありました。
けれど、皆様のあたたかいコメント、nice!、アクセス数に励まされ今日まで続けてこれました。
一人じゃないと思えたことは、私の大きな力になりました。
このブログを通して出会えた全ての方に心から感謝します。
これまでお付き合い下さった皆様、本当にほんとうにありがとうございました。


RIMG0184.JPG


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊娠8か月。 [第4子:ぼんちゃん。]

RIMG0948.JPG

妊娠8か月に入りました。
おなかが張りやすく、一日のほとんどを横になって過ごす毎日です。

現在通っている病院は、異状がなければ13週以降は助産師さんのみの診察で心音確認はあるものの、エコー診察はありません。
5、8、10か月の3回のみ医師による腹部エコー診察があります。

先々週久々のエコー診察で、ぼんの心臓が大きめだと言われました。

初期に少量の出血が一度ありました。
その後は張り止め薬のウテメリンを処方されてはいますが、それ以外はこれまでずっと順調だと言われてきました。

侑和のときもずっと順調だと言われていたので、毎回順調だと言われても安心できませんでしたが、異状だと言われるのはやはりすごく不安です。


最初の数ページ以外、ほとんど記入されていない侑和の母子手帳。
母子手帳をもらうことすらできなかったおといもちゃん。
フライングでもらいに行ったものの、何も書くことができなかったあーちゃん。

上の3人のことを想い、開くのが辛かったぼんちゃんの母子手帳も最近は楽しい気分で見ることができるようになってきていたのに。
これもまた、最後まで使うことができないのかな。
こんなに力強い胎動を感じるのに。


胎動を感じる度、
「こんなに元気なんだから絶対に大丈夫!」
と自分を励ましたり、
「こんなに激しく動いて心臓に負担かかってないかな?」
と不安になったり、情緒不安定です。


今週再度エコー診察があります。

どうかどうか、おなかの子が普通に元気で、生まれてからもずっと健康に生きて暮らしていける身体でありますように。
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

芸能人のおめでた。 [第4子:ぼんちゃん。]

100424_142206.jpg

今日もおめでたニュースがヤフトピに載っていました。

ぼんを妊娠前、夫と二人妊娠報告を目にすると画面から浅草寺の煙を浴びるように妊娠菌を頂くことにしてました。
街で妊婦さんを見かけたときも同じようにしてました。

今もおなかの大きな妊婦さん、赤ちゃん連れの家族を見かけると同じようにしています。


「普通」に憧れます。とても。

どうか、普通の家族になれますように。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

第4子がきてくれたときのこと。 [第4子:ぼんちゃん。]

101010_120816.jpg

おといもちゃんのときもあーちゃんのときも、喜んだら居なくなってしまった。
だから、今回は喜ばないように喜ばないように、気づいてないふりをして過ごしました。
病院にも暫く行きませんでした。
行って、胎嚢を確認して、それだけで喜んでしまうことが、不安な気持ちになることが怖かったから。

胎児ネームをつけるのも躊躇いました。
名前なんかつけるから、お別れのとき余計悲しくなるのかな、って。
別れの日が来ることばかり考えて、そのとき深く落ち込まなくてすむようにと今までのようにおなかの子に話しかけることもしませんでした。

でも、初診に行った次の日、
「もう居るんだから、話しかけよう」
夫が言いました。

そうだよね、もう、居てくれるんだよね。
心臓も動いてたもんね、無視しちゃかわいそうだよね、せっかく来てくれたのに。

一緒にいられる時間が短いのなら尚更、一緒に過ごせる今を大切にしなくちゃ。
それが一番後悔しない気がする。
そうしないと、絶対後悔する。

夫の一言で、そんなふうに考えられるようになりました。

そしてその日のうちに胎児ネームは「ぼん」に。


いつもどこかでぼんが居なくなる日が来ることを考えています。
今までなら、そんな想像しちゃだめだって自分を叱っていましたが、夫も私もそれはもうできません。
喜んでしまうこと、明るい未来を想像しすぎてしまうことの方を恐れています。
けれど、そんな中でもできるだけぼんを愛そう、大切にしようと、その想いだけは強く持っています。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

少しずつ、一歩ずつ。 [第4子:ぼんちゃん。]

100811_171513.jpg

長い間ブログから離れていました。
自分の気持ちの整理がつかなかったのと、体調をいちばんに考えた結果です。

現在、第4子を妊娠しています。

ずっと不安で誰にも言えずにいました。
7か月目に入った今もまだ
「妊娠しましたっ♪」
なんてノリで報告することはできません。

でも夫と話をするうち、考えが少しずつ変わってきました。

夫とはずっとお互いの気持ちを打ち明けあってきました。
そうして6か月最後の夜、私の中でやっとこの子のことを記す決心がつきました。

おなかが張りやすいため身体と相談しながら、今回の妊娠のこともこれから少しずつ記していこうと思います。


3か月後、嬉しい報告記事が書けますように。
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
第4子:ぼんちゃん。 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。